生活しているといろいろな荷物が増えることに気づかされる引越しですが、
これを機にいるものと要らないものを整理しましょう。
カラーボックスに入っている衣類は、そのまま引越しをすることはできますが、
中身を詰め込み過ぎてそのまま引越しをする場合には分散をしないと
衣類の重さでカラーボックスが壊れる場合もよくあります。持ちあげた時にカラーボックスが歪む場合には
重すぎる可能性が高いです。また、旅行トランクやダンボールをうまく利用して、衣類をまとめましょう。
引越し前日に家族の一日分の衣類を小さいトランクに詰めておくと、引越し後便利です。

緩衝材で一つずつ包みましょう。新聞紙やエアーキャップなどを使ってダンボールに入れましょう。
緩衝材を使ってうまく梱包出来れば、引越し後にお皿が割れたりマグカップの取手が取れてしまうような事故は避けられます。
お皿は縦に、コップは飲み口を下にして並べましょう。

当然ながらそのままでは非常に危険ですし、食器類の間にはさんでおいたりしたら、
運ぶ際にけがをしたり、自分が開梱時に大けがをすることもあります。しっかり梱包しましょう。
刃の部分を厚手の紙やダンボールでしっかり覆い、ガムテープでがっちり固定しましょう。

ビンなどを梱包する場合には、一目で割れ物とわかるように、梱包するものにフタをしないようにしましょう。
(ダンボールの場合には、フタを内側に折り込んでから作業しましょう)中身がもれないように、
しっかりと栓がされていることを確認し、万が一中身がもれてもいいようにビニール袋に入れておくとベストです。
ビンの胴体部分にはしっかりと梱包材(新聞紙など)を巻き、緩衝剤を敷き詰めましょう。

軽い順に畳んで重ねると、布団の重みで布団自体が圧縮されるので、コンパクトにまとめる事が出来ます。
圧縮された布団に上から布団袋をかぶせチャックを閉めましょう。次に上下をさかさまにした布団袋を紐で結びます。

ダンボール箱に詰めましょう。衣類と同じで、重みを考えずに詰めると
ダンボールが壊れ大事な書物が破損したりすることもあります。箱に入れる前にある程度紐で縛るとより安定します。
そして、本やCDは非常に重いので、小さめのダンボールに詰めましょう。

冷蔵庫は霜が解けて水が出てくるものもありますので前日にはコンセントを抜き、霜もしっかり取り出しましょう。
中の棚はガムテープで固定して、コードは脇にとめ、扉もガムテープで固定しておきましょう。

最近のテレビは、デジタル化が進み昔と比べて配線が簡単ですが、やはり苦手な人には難しいものですね。
心配であれば、配線のコード側と端子側にシールを貼って、
それぞれ同じ記号や番号などを書いておくと引越し後でも元通りに。また写真を撮っておくのも手です。

基本的なデスクトップパソコンの配線は、キーボード、マウス、モニター。
そして、外付けのスピーカーやHDDなどの記憶メディア、DVDドライブ、プリンター、
あとはインターネットに接続するためのLANなどが考えられます。
テレビ同様に配線ごとにシールなどを貼って引っ越し後に元通りにするか、写真を撮っておいて、
復元する方法で乗り切りましょう。また、念のためデータのバックアップはとっておきましょう。

電気式のものはコンセントを束ねておけばよいのですが、灯油式の物は灯油を入れたままにしないように注意しましょう。

サイズにもよりますが、分解できるものは事前に分解しておきましょう。横と縦の部品をまとめて縛るのが基本です。

現金、通帳、貴金属・宝石類、小切手・手形・有価証券類、実印やキャッシュカード、クレジットカードなどの貴重品は、
引越しの荷物に入れられません。

位牌やご本尊等魂が入っているものは貴重品同様にご自身で持ち運ぶのがよいでしょう。
それ以外の仏具は丁寧に梱包して箱に詰めるとよいでしょう。

植木は、鉢を新聞紙などで包み、ビニール袋に入れましょう。
引越しに時間がかかりそうな場合には、スポンジなどに水を含め、土の上に置いておくと、土が乾燥せずに安心です。

蛍光灯や電球は外して、別々に梱包しましょう。

大きめのガラスは完全に梱包してしまうと中身がわからずに危険です。
中が多少見えるようにして、ワレモノと大きく書きましょう。

お気軽にお電話下さい!:0120-202-801

よくある質問