加圧インナー コンプレッションウェア【品質保証】お腹引き締め スポーツウェア 筋肉 Tシャツ コンプレッションインナー 補正下着 メンズ (L, ブラック)

夏の暑い時期、トレーニングで汗をかくのも気持ちのいいものです。

とはいえそれでも、あまりに暑ければ過酷なトレーニングは逆効果になることもあります。

でもそれでは、せっかく鍛えていた筋肉が駄目になってしまうのでは、と心配な人もいますね。

そんな時、加圧シャツを着て過ごすというのもちょっといい手だと思いませんか。

参考:絶対おすすめ加圧シャツランキングベスト8選と選び方(コンプレッションウェア)

これなら無理なく筋肉もキープできそうですが、やはり気をつけておいたほうがいいこともあるのです。

夏の筋トレや運動は気持ちがいいと言っても

夏に汗をかかずにどうする、と言った感じはたしかにありますが、昨今の暑さは流石に運動家にも辛いものがあります。

辛いだけではなく、熱中症などの問題も起きてきますし、それによって命に関わってくる事態を引き寄せることもあります。

あまりに過酷な運動は、温度や湿度によって避けるのが賢明ですね。

特に夏の昼間、屋外での運動はこれはもう、命がけでと言っても過言ではありません。

それこそ昭和の真ん中辺りまでは、暑い時でもせいぜい28度くらいでした。

30度になればニュースになるくらいだったのです。

それが今や、30度をこすのは当たり前の事となってしまいました。

昔なら、この程度の暑さと根性入れられたのですが、現在ではこれ下手すると命にも関わることになりますので、避けたほうが賢明だと断言できます。

でも運動しないと筋肉は

筋肉というのは大変にわがままな代物で、鍛えたり良い筋肉を付けたりするのは大変なくせに、落ちるのはあっという間という贅沢ものです。

運動や筋トレをしている人、ダンサーやプロの運動選手だと本当に、敏感に自分の筋肉が失われていくのがわかるのです。

これは怖いです。

勿論そこまでは行かなくても、健康のために運動は欠かさない人も、夏場にちょっと運動を控えたら秋になって、どうも前のように動けないと自覚しますね。

筋肉が、見えなくても失われた証拠です。

またつけ直すのに、そこそこの時間もかかりますし、思うように動けないという気分の悪さも感じます。

出来ればインドアなどで補いたいところです。

しかしそれもちょっとという人には、いっそ加圧シャツの着用で夏場のトレーニングとするのはどうでしょうか。

普通の生活をしつつ、でも圧をかけて運動量を増やすことの出来る加圧シャツです。

これなら無理なく、それほど筋肉を落とすこと無く、夏を過ごせそうですね。

夏に加圧シャツを着て過ごしてみよう

夏場の運動不足を防ぐために、加圧シャツを着て生活してみませんか。

普通に通勤する時にも、休みの日に遊びに行く時にも、加圧シャツを着用してトレーニングと洒落込んでみるのも、いい感じです。

もともと加圧トレーニングの理論を使用して作られた加圧シャツです。

それなりに身体に負担をかけて、着ているだけで普通に生活するよりも多くのエネルギー消費をしてくれます。

加圧トレーニング自体は、これは専門家の指導がなければ出来ない、ちょっと過酷な運動です。

しかし加圧シャツの場合、理論は使用していますがそこまで過酷に圧はかかりません。

1日着ていても、無理のないような設計になっています。

なので使用法を間違えない限り、大きな問題はありません。

夏の運動の不足分を補うのには、最適だということです。

夏場に加圧シャツを使用するメリット

下着として着られるので冷えにも

夏場も暑さは勿論問題ですが、冷房の効きすぎたオフィスと言うのも、これまた問題です。

冷えは身体の大敵なのに、冷え切ってしまう可能性もあります。

外が暑くて下着を省略した場合でも、オフィスでは1枚着ておきたいものですね。

これを加圧シャツにすれば、冷房の効いたオフィスでも冷えを回避できます。

しかも運動不足に陥りがちなデスクワークでも、普段よりもずっとエネルギー消費できます。

つまり熱量が発散されるわけです。

そういった意味でも、冷えに対抗できるのはありがたいところですね。

暴飲暴食が出来ないので

勿論夏場、水分の補給を怠ってはいけません。

脱水症は非常に怖い症状です。

しかし仕事の後、やはり夏は冷えたビールでしょ、とついついビアホールに繰り出していませんか。

ビールは残念ながら、水分の補給にはなりません。

下手をすると利尿作用によって、逆に脱水を起こすこともあります。

ついつい仕事の後に冷えたビールとおつまみのタッグに負けることはありませんか。

加圧シャツは胴回りの締め付けもありますので、この暴飲暴食に歯止めをかけてくれます。

むちゃ食いむちゃ飲みが回避できるのですね。

まさに夏の下着として、おすすめといわざろうを得ません。

常に軽い運動状態なので

加圧シャツを着ていると、常に身体に負荷がかかった状態です。

つまり、常に軽い運動をしているような感じですね。

筋肉を作るには、一気に強く大きく動くよりも、少しずつ絶えずのほうが適しています。

大きな運動量は望めませんが、筋肉のキープには適しているということです。

また上半身の締め付けのおかげで、無理な運動をすればすぐに自覚できます。

息が続かなくなるのです。

歯止めをかけて、でも無理なく負荷も掛けられるという点で、暑い時期には最適だということです。

夏場の加圧シャツを着ることのデメリットや注意点

暑い時期に加圧シャツを着用すれば、無理のない筋肉キープや軽い運動が可能です。

しかしデメリットや注意点も、勿論あります。

何しろ汗のかきかたが普通とは違う

着ているだけで常に、身体に負荷がかかっているのですから、勿論汗の出方も半端ではありません。

普通の下着で出社した時と、加圧シャツを下着代わりで出かけた時、汗の分量は大きく違ってしまいます。

これを計算に入れておかないと、いろいろと困った状況が起きますので、そこには大変に注意が必要です。

例えば汗ジミです。

ワイシャツやスーツなどの通勤着に汗ジミが出来るのは、勘弁してほしいものですね。

また汗の匂いにも注意が必要です。

満員電車の中などで、それでなくても汗をかくのですから、汗の始末は念入りにしたいものです。

加えて皮膚の弱い人の場合、汗を放置すると汗もになってしまうこともあります。

子供じゃないんだから今更汗も、と思うかもしれませんが、大人でも汗もにはなりますし辛いものです。

回避するためにも、汗の始末、タオルでよく拭く着替えは頻繁に、またベビーパウダーの使用など心がけてください。

きつすぎるサイズのものは使用しない

加圧シャツの場合身体に圧をかけるのですから、勿論普通の下着よりもサイズ的に小さく見えます。

実際普通の下着と並べてみると、その大きさの違いに驚きます。

ストレッチが良く効いているので着ることが出来るのですが、特に最初は締めつけ感が強くて違和感になる、というのは誰でも経験することです。

この締め付けが強ければ当然、圧も大きくなります。

なので少し小さめのサイズのものを利用している人も、いるかも知れません。

しかし夏場はこのサイズ、少し大きめのものに変更したいですね。

夏だけ利用という人も、少し大きめのサイズのものを購入するのがおすすめです。

暑い時期にあまり身体を締め付けると、呼吸が入りづらくなりますので、危険も伴います。

サイズにも注意してください。

気分や調子が悪くなったら即使用を中止

1日中着ていられる設計の加圧シャツですが、やはり夏は負担も大きくなります。

着ていてちょっと気分が良くない、と思った時にはすぐに着用を休止してください。

どこかで脱いで、身体を休ませてあげることが必要です。

加圧トレーニングほどではありませんが、やはり身体に負担はかかっています。

しかも長時間に渡っての使用です。

調子を見て脱ぐことも、心得ておきたいですね。

まとめ

夏場に、普通の生活だけで筋トレがある程度は出来る加圧シャツは、無理して運動するよりも身体への負担も少なく、おすすめの代替手段です。

また常に加圧シャツのお世話になっている人も、夏場はその効能を再発見するかもしれません。

暑いので何時もより運動量エネルギー消費量が増えますから、効果抜群なのですね。

しかしやはり注意も必要です。

自分のためにも周囲に迷惑をかけないためにも、そこにも注意しての夏の加圧シャツ着用、していってください。