ダンベルで筋トレするなら野菜も食べた方が良い理由!おすすめの野菜も紹介!

九州産 新鮮野菜 12品目 詰合せセット

筋肉トレーニングに効果的な栄養素としてたんぱく質が有名なため、筋トレをしている方の多くはたんぱく質を意識して摂っています。

そのため、鶏の胸肉やささみなどの肉類・魚類・卵・大豆製品など、たんぱく質が多く含まれているものを中心に食べる方は多くいますが、筋肉をつけたいのなら野菜も食べることが大切です。

野菜をしっかり食べているのか食べていないのかの違いによって、筋トレ効果も変わってきます。

ここでは、ダンベルで筋トレをするなら野菜も食べた方が良い理由を解説していきます。

理由1.筋肉の増強にはビタミンやミネラルも必要なため

健康を保つためにはお肉やお魚だけでなく、野菜も取ることが大切です。

そして、筋肉の成長のためにも、たんぱく質だけでなくビタミンやミネラルなどを摂ることも大切です。

ビタミンやミネラルは多くの野菜に含まれており、様々な野菜を食べることによってビタミンやミネラルを補給することができます。

では、なぜ筋肉の成長には、ビタミンやミネラルが必要なのかというと、それらの栄養素には身体の修復や成長などを手助けする働きがあるからです。

例えば、ビタミンB6には、筋肉の元になるたんぱく質の吸収をサポートする働きがあります。

そして、その他のビタミンやミネラルには身体の代謝を助けたり、身体の構成に役立ったりします。

そのことにより筋肉の修復や回復にも役立ち、筋肉を増強することができ、健康を高めたり維持したりすることにも繋がります。

理由2.食物繊維が身体の引き締めに役立つ

筋トレをする目的は人それぞれで、ただ単に筋肉をつけたいだけでなく、身体を引き締め美しくなるために筋トレを行っている方も多くいます。

そのような方にしっかり摂ってほしい栄養素は食物繊維です。

もちろん、筋肉の成長のためにはたんぱく質を摂ることも必要ですが、食物繊維をしっかり摂ることで「身体を引き締め、美しくなる」という目的に近づきやすくなります。

食べ過ぎるのを抑える

カロリーが少なく、食物繊維が多く含まれている野菜をしっかり食べることで、食物繊維が胃や腸で水分を取り込んで膨らみ、満腹中枢が刺激されやすくなります。

そのことにより満腹感を感じやすくなるため、ついつい食べ過ぎてしまうことや、暴飲暴食を防ぎやすくなります。

ダンベルでの筋トレによって身体を引き締めるには、食べ過ぎはNGです。

筋トレで美しく綺麗な身体になりたいのなら、肉類や魚だけでなく野菜もしっかり食べ、食物繊維を摂ることが大切です。

腸内環境を整える効果が期待できる

食物繊維には腸内環境を整える効果も期待することができます。

腸内環境が良くなれば、肌の調子が良くなるだけでなく、栄養の吸収も良くなります。

たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが吸収されやすくなれば、筋肉の成長や美肌、健康などに大きく役立ちます。

血糖値の急上昇を抑える

糖質は身体を動かすことや脳を働かせるエネルギー源になるため、糖質を摂ることは悪いことではありませんが、糖質を大量に摂ると血糖値が急に上がってしまいます。

そのことによりインスリンの分泌が促され、血糖値が下がり、低血糖が起こることもあります。

血糖値が急に上昇することは脂肪が蓄積する原因になります。

そして、低血糖になると、パフォーマンスや集中力が低下する原因になります。

ですが、食物繊維を摂ることで、血糖値が急に上がるのを抑える働きを期待することができます。

身体を引き締めて美しい身体になろうとダンベルで筋トレしていても、脂肪が多くついてしまったり、筋トレ時にパフォーマンスを発揮できないと、なかなか目的としている身体になることはできません。

そのため、野菜もしっかり摂ることが大切なのです。

理由3.抗酸化作用のある栄養素が摂れる

抗酸化作用とは、老化の原因になる活性酸素の働きを抑える作用のことをいいます。

抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC、リコピンやβカロテンなどは野菜で摂ることができます。

活性酸素は、主に老化を促す作用がありますが、筋繊維にもダメージを与えてしまいます。

そのため、筋肉や身体の健康を維持したいのなら、抗酸化作用のある野菜を摂ることも大切です。

活性酸素が増えると、筋肉や健康だけに悪い影響を及ぼすだけでなく、お肌にも悪影響を及ぼしてしまうため、抗酸化作用のある野菜を摂って活性酸素の働きを抑えるようにしましょう。

ダンベルでの筋トレにおすすめな野菜

ここまでの解説で、筋トレでは肉類や魚などのたんぱく質だけでなく、野菜を摂ることも必要だということが理解できたかと思います。

それでは、どのような野菜がおすすめなのかを紹介していくので、筋トレをしている方は、ぜひ参考にしてください。

トマト

トマトにはリコピンが豊富に含まれています。

そのリコピンには抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える効果を期待することができます。

また、リコピン以外にビタミンやミネラルなども含まれているため、筋肉をつけることに役立ちます。

サラダなどで食べる機会がない方は、手軽に摂ることのできるトマトジュースがおすすめです。

年齢よりも若く見られている方の中には、毎日トマトジュースを飲んでいる方がおり、若さの秘訣はトマトジュースだと言っている方もいます。

そのため、トマトには若々しくいられる効果を期待することができ、年齢を重ねても筋トレを頑張ることのできる効果も期待することができます。

ブロッコリー

ブロッコリーには、たんぱく質・ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンK・食物繊維・葉酸・ミネラル・スルフォラファンなど様々な栄養素が含まれています。

その中のビタミンCやEには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑える効果を期待することができ、ビタミンKには骨を丈夫にする効果を期待することができます。

また、たんぱく質も含まれているため、筋肉増強に役立ちます。

ジャガイモ

ジャガイモに含まれている炭水化物は筋トレをする際のエネルギー源になります。

そのため、ハードな筋トレする際には最適な野菜です。

また、食物繊維やビタミンB6なども豊富に含まれており、筋トレでの体作りに役立ちます。

アスパラ

アスパラにはビタミンEが豊富に含まれており、活性酸素の働きを抑制するのに役立ちます。

また、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・カリウム・食物繊維なども含まれており、筋トレだけでなく健康を維持する効果も期待することができます。

また、アスパラには疲労回復効果や美肌効果、体調を整える効果などが期待できる「アスパラギン酸」という栄養素も含まれています。

アボカド

数ある野菜の中でも、アボカドに含まれているたんぱく質は多い方です。

そのため、筋肉を増強させるには最適な野菜ですが、アボカドには食物繊維も多く含まれており、筋トレで身体を引き締めたい方には最適です。

また、オレイン酸も含まれており、アンチエイジング・コレステロール値の正常化・動脈硬化の予防・心臓病や脳卒中の予防などの効果も期待することができます。

更に、優れた抗酸化作用のあるビタミンEや、カリウムなども含まれており、体調を整えるのに役立ちます。

まとめ

ダンベルで筋トレをしていて、野菜を食べることについて考えたいなかった方は、ここの記事を読んだことをきっかけにして、野菜も積極的に摂ると良いでしょう。

野菜を摂ることでビタミンやミネラルなどを摂ることができるため、筋肉の成長をサポートしたり、体調を整える効果を期待することができます。

ちなみに、カリフラワーや豆類、ほうれん草やブロッコリースプラウトなどの野菜もおすすめです。

それと、ダンベルだけでなく、バーベルや他の器具で筋トレをしている方や、器具を使用しないで筋トレしている方も、野菜を摂ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です