加圧シャツのデメリットは暑いこと。夏はどうすればいい?

トリプルエス 加圧インナー 加圧シャツ 筋トレ マッスルエックス 着るだけマッチョ 着圧下着 (L, 黒)

着用しているだけで筋トレ効果のある加圧シャツですが、そのシャツの特性上熱がこもりやすいです。

冬は防寒着としても使える加圧シャツですが、夏場はどうすればいいのでしょうか?

暑くて着用したくない人は夏は加圧シャツを諦めるしかないのでしょうか?

それとも夏には夏の加圧シャツ対策があるのでしょうか?

トレーニングをしながら快適な夏を過ごせる工夫を紹介します。

加圧シャツはどうしても熱がこもる

加圧シャツは体に密着し、姿勢を正しくしたり筋肉を鍛えたりする作用のあるシャツです。

寝ている間も加圧シャツを着用することで正しい姿勢を保ったり効率良く筋トレを行ったりすることができます。

しかし、加圧シャツはゴム素材を多用し、体に密着をすることによって効果を上げるという特性上、どうしても熱がこもってしまいやすくなります。

冬は防寒着として役に立ちますが、夏はどうしても熱くなってしまいます。

快適に着ることが難しい加圧シャツ、どうすればいいのでしょうか?

通気性を重視して選ぶ

加圧シャツにもいろいろとあります。

夏にも加圧シャツを着用したいのならば通気性を重視している加圧シャツがおすすめです。

夏用と銘打っている製品や通気性を強調している製品を選んで着用するようにしましょう。

使用者の口コミやレビューを参考にするのもおすすめです。

お気に入りの加圧シャツのメーカーや製品があるとそればかり買ったり使用したりしてしまいがちですが、これを機会にいままで使ったことのない製品にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

新しい出会いや感動が待っているかもしれません。

ワンサイズ大きい加圧シャツを着用する

加圧シャツはジャストサイズを着用することで効果が最大限現れます。

しかし、暑くて不愉快になり、運動やトレーニングをしなくなるくらいならばワンサイズ上の加圧シャツを着用することをおすすめします。

トレーニング効果はジャストサイズの加圧シャツよりもやや劣ってしまいますが、その分通気性が良くなり、快適に着用をすることが出来ます。

冷房の効いている場所でのみ加圧シャツを着用する

昼間外にいる時に加圧シャツを着ていると暑さは倍増してしまいます。

冷房の利いた室内にいる時だけ加圧シャツを着用しましょう。

サラリーマンならば帰宅して冷房を強めにつけ、風呂上りに加圧シャツを着用してそのまま寝ます。

朝、加圧シャツを脱いで出勤をします。

こまめに加圧シャツを取り換える

加圧シャツの中に汗が溜まったままだと非常に不愉快です。

それだけでなく、あせもなどの皮膚トラブルの原因になります。

また、周囲からは汗臭い、体臭がキツイなどと言われることにもなりかねません。

汗をかいたらすぐに脱いで別の加圧シャツに着替えることによって不快感を軽減させ、衛生的に着用が可能になります。

水分補給をこまめに行う

加圧シャツを着用していると代謝が良くなり、汗が良く出ます。

汗を出したままにしていると脱水症状や熱中症になりやすくなってしまいます。

こまめな水分補給を心がけてください。

水だけでなくミネラルも取るのをわすれないでください。

塩タブレットやスポーツドリンクなどがおすすめです。

皮膚トラブルがある場合は無理をしない

加圧シャツを着用して汗をかいたままにしているとあせもができやすくなります。

また、かゆくなって掻きむしってしまうと潰瘍やトビヒの原因になります。

このような症状が出てしまった場合は加圧シャツの使用を中止しましょう。

無理をして加圧シャツを着用していても症状は酷くなるばかりです。

症状が治まってからまた加圧シャツの着用を始めてください。

あせもや吹き出物などは軽度のものならば加圧シャツの着用をストップし、清潔さを心がけ、ドラックストアの軟膏を塗ればたいていは収まります。

掻くと症状が悪化するので絶対に辞めましょう。

しかし、症状が重く、自分の手には負えなくなってしまった場合は皮膚科を受診してください。

しっかりと睡眠を摂る

睡眠不足の状態だと少しの暑さでも体が辛くなってしまいます。

たっぷりと良質な睡眠をとることで体の体温調整機能が働きやすくなります。

睡眠時間を確保することはもちろんのこと、寝る直前に大量の飲み食いをしたり、ブルーライトを浴びたりしないようにしましょう。

また、熱帯夜の時は冷房を活用してください。

睡眠をしっかりとることで体の調子が整い、より加圧シャツのトレーニング効果も発揮されやすくなります。

バランスの良い食事を心がける

栄養バランスが悪いと体が暑さに参ってしまいやすくなります。

加圧シャツでトレーニングをしても筋肉を作る材料を摂取していないのならばただばててしまう結果になりかねません。

タンパク質をはじめとしてミネラル、炭水化物、脂質などをバランスよく摂取するようにしましょう。

暑いとついつい簡単に食べられる物や冷たいものばかり食べてしまいやすくなりますが、それでは体はばてる一方です。

熱中症には十分に注意を

夏はそうでなくても熱中症のリスクが高まる季節です。

加圧シャツを着用しているのならばなおさら熱中症に気をつけなければなりません。

熱中症の危険を感じたらすぐに脱ぎましょう

熱中症になりかけているな、なっているなと感じたらまず最初にするべきことは加圧シャツを脱ぐことです。

これだけでも涼しくなります。

我慢して着続けて熱中症で倒れたりしてしまうと、まず間違いなく助けてくれた人に加圧シャツは引き裂かれます。

そうなる前に自分で脱いでください。

水分補給と体の冷却と休養

熱中症になった場合、水分補給と体の冷却、そして休養をしてください。

加圧シャツを脱いでもまだ気分が悪いときには水分とミネラルを充分にとってください。

水は普通の水よりもスポーツドリンクや麦茶のほうが好ましいです。

そして、体を冷やしてください。

日陰や冷房のある場所へ移動してください。

重症の場合は保冷剤や濡らしたタオル、冷えたペットボトルなどで首、脇、太腿などを重点的に冷やします。

首や脇、太腿などは太い血管が通っているので効率良く体を冷やすことが出来ます。

そして充分な休養を取りましょう。

すこし水分補給をして涼んで気分が良くなったからといって動き出すとまたすぐに熱中症がぶり返します。

熱中症のサインを見逃さないで

熱中症は急激に悪化するものではありません。

なんらかの前兆があります。

それは筋肉トレーニングで疲れているときに感じるものと似ている物もあります。

加圧シャツでトレーニングしているから効果が出始めたんだなどと勘違いをしないで、早めに対策をとりましょう。

いつもよりも疲れている気がする、汗が噴き出している、とにかく熱い、喉が渇く、頭が痛い、関節が痛いなどと感じたら熱中症の可能性が高いです。

すぐに加圧シャツの着用や筋トレを中止してください。

加圧シャツはいつでも着られますが、熱中症になったらトレーニングどころではありません。

もしかしたらたくさんの人に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

命がけで着用するようなものではないのです。

まとめ

加圧シャツはゴムを使って体に密着させて姿勢を整えたり筋肉トレーニングの効果を上げたりするという特性上、とうしても熱がこもりやすいです。

夏場は加圧シャツを着用しているとあせもなどの皮膚トラブルが起こりやすくなったり熱中症のリスクが上がったりします。

対策はいろいろありますが、不快感が強いのならば夏場は無理しての着用はおすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です